tei@記事(インタビュー)

テイ、"振り返ればどうやって歩いて来たのか思い出せない時間もあって"[インタビュー]
(元記事→osen
バラードの皇太子テイが帰って来た。2004年デビューしたテイは 6集‘太利’で去る歌手生活を整理して新しい時間に合う。今度は放送活動も別にしない計画だ。ひたすら音楽でファンのそばに近付く。
11トラックで構成された今度テイの6集は、ハニーデュオ(チョンヨプ、エコーブリッジ)が参加した。その間自分を愛してくれたファンに贈り物のように真心をいっぱい盛って正規アルバム形態で、6集を発表するようになった。いつよりもテイのアルバム参加度が高い。



#真心一杯なアルバム
実は 5集が正規アルバムとしては最後の仕事と見当をつけたが、こんな風ににもう一度正規アルバムでファンに会った。放送活動計画はない。正規アルバムを発表するという話に‘正規アルバムを発表する人が少ない近頃、大きな勇気を出したな’と言う人々も多かった。
いつよりも楽な心で作業した。良い音楽でファンに会うという思いでした。
テイは “後悔なしにすべてのエネルギーを吹き込んだ。楽に聞くことができたら良いだろう。直接プロデューシングをしながら楽に聞くことができるようにするのに一番重点を置いた。この前にはとても力があってそうだったら今度は発声みたいなことも柔らかくすることに重点を置いた”と言った。
チョンヨプとの作業は愉快だった。個人的にコードもよく合って、お互いにする音楽スタイルは非常に違うが面白い作業だった。
アイドル歌手の活躍も目が眩しくて他のバラード歌手たちもたくさんカムバックをするこの頃の状況を見て、テイは “ジャンルの多様性が構築になるようだ。敢えて誰が勝って誰が1位になるとかいう次元ではなく、すべて共にに自分の音楽がよくできる方向にすれば良さそうだ”と伝えた。
テイは今度アルバムの収録曲が大部分すべて気に入るが、特に‘タシ....アンニョン’という曲に強い愛着を持っている。作詞を直接したが歌の雰囲気と歌詞がよく合っている感じがする。自ら満足する曲だ。

#私が好んで聞く私の歌
テイは一番好きな自分の歌で、‘愛は香りを残して’を指折った。どうしても歌手テイの手始めを知らせた歌だから、さらにそうだ。しかし今度アルバムもそれと劣らず愛情を持っている。
テイは “今度アルバムは本当に私はずっと聞いている。楽に聞こえる。そんな感じが伝わったら良いだろう。歌が聞きやすくて本当に良い”とアルバム自慢も忘れなかった。

#夢
今度アルバムを基点にテイには多くの変化がある見込みだ。そんなテイの夢を知りたかった。
音楽はたまにはテイに試練を抱かせたりするが、常に力を出すようにする源泉でもある。また演技もテイがこれから熱心にしたい部分だ。
テイはドラマに出演した経験を持っている。彼は“準備もできてなくて、実戦から跳びこむことになった。無謀な部分も多かったようで、家族ドラマを見たら先生たちに多くのことを学ぶこともできた。あの時先生たちが‘テイお前は演技しても良い’と言う話をたくさん言ってくださった。どうせ始めたことに認定を受けたい”と抱負を伝えた。

#何が一番記憶に残る
7年、決して短くない時間だ。記憶に残ることが本当に多いようだ。
テイは “忙しすぎて私が何をしながら送ったのか記憶さえ出ない時間もある。1集で多くの愛を受けて、2,3集を発表して、3集の時まではどのように時間がたったのか記憶がない。思いきり熱心にしたようだ。顧みれば熱心にして来たということに褒め言葉をあげたい ”と言った。引き継いで、 “これからはしたかったものなどにもっと欲心を使わなければならないようだ”と付け加えた。
また “良くないことて悩み苦しんだことも多かったが、社長が私の手を握ってくれ歌手になったことなのに、あの時、手を取り合ってくれたのに対して本当にありがたく後悔しない”とほほ笑みをした。
永遠なことは何もない。新しい手始めをしなければならない時という感じがすれば、今までして来たことを仕上げて、新しい出発に向けて駆け付けなければならない。今までそうだったように、テイは熱心に、そして今までよりもっと自分の心の音に耳を傾けたまま未来に向けて駆け付けるでしょう。彼の未来はどんな光で輝くか歩みに視線を集めてみる。
[PR]
by dwarf-mkk | 2010-08-30 21:51 | tei